想定外ってどんな時ですか?

普段通りに過ぎていく毎日、そんな時に想定外の出来事なんて想像がつかないと思います。しかし、リーマンでも地震でもコロナでも想定外のことは起こります。備えあれば患いなし、という言葉は誰が言ったのでしょうか。有事の際に備えていた人を見て誰かが発した言葉かもしれません。結果がわかっていたら最初から備えているでしょう。でもそれがなかなかできないのが人間です。しかし、経営者にはそれは許されません。まだ何も起きていない時こそ、経営上の想定外のリスクに備えるチャンスなのです。そのチャンスを見逃さないことは経営者に必要な資質の一つだと考え、リスクマネジメントサポートを行います。

生命保険・損害保険によるリスク対応支援(仮)

現状加入分析をにより、リスクに対応できているかの評価を行います。

お客様事例紹介

医院経営 30代(男性)

独立1年後、開設当時の返済計画によるリスクを確認したいとのご依頼があり、売上と利益予想表を作成して現状~10年後を分析。その結果、返済金額と年数に応じた保障の見直し、就業不能対策、想定外の売上減少に備える資産形成プラン、設備拡充のための中期貯蓄プラン、引退に備える長期運用プラン、を構築。その後、定期的に従業員の福利厚生プランや災害対策資金プランなどを経費率を見ながら追加。

お問い合わせ・ご相談

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
TEL:029-251-8537
FAX:029-251-4337
営業時間:9:30〜18:00