売るタイミング、決めていますか?

株や投資信託などの有価証券を買ったままで放置し、定期的に届くお知らせなども封を切らずに置いてある、などということはありませんか?
放置した結果、気づいたら半値ぐらいになっていた、というのはよくあることです。資産を運用する、ということは、何のために、どの時点まで運用するか、いつ売却するかなどの目安を購入時点で【決めておく】必要があります。
言い換えれば、最初にその目標に合う商品選びをすることが大切です。価値観は人それぞれです。価値観を無視したポートフォリオや人に勧められるままに購入した商品は漠然とした不安感に繋がります。目的と価値観をベースにした資産管理をご提案します。

ポートフォリオ作成

お持ちの資産の一覧表を作成し、現状分析いたします。
資産のひとつひとつを【目的と価値観】に合うか確認し、見直しを行うための資料を作成いたします。

資産設計コンサルティング

資産を増やさなくても、現在の資産が減らなければそれで十分、とおっしゃる方がいらっしゃいます。しかし、お金の価値は時間とともに変化し、同じ金額であれば物価の上昇などで価値は下がっていきますので、『価値を下げない運用』も必要ではないでしょうか。『増やす目的の運用』と『価値を下げない運用』の両面から、安全かつお金の価値を最大限に引き出す運用プランをご提案させて頂きます。

お客様事例紹介

医院経営 30代(男性)

独立1年後、開設当時の返済計画と売り上げのバランスを確認したいとのご依頼があり、現状を分析、売上と利益予想表を作成して現状~10年後を分析。
その結果、返済金額と年数に応じた保障の見直し、就業不能対策、想定外の売上減少に備える資産形成プラン、設備拡充のための中期貯蓄プラン、引退に備える長期運用プラン、を構築。その後、定期的に従業員の福利厚生プランや災害対策資金プランなどを追加。

医院経営 60代(男性)

親の相続に伴い、相続資産の運用方法についてご相談があり、引退予想年齢から100歳までの生活費・娯楽費をベースに運用の利率を決め、商品を選択するサポートを行った。